経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者に聞く、求職者の「経歴詐称」を防ぐための方法とは。採用活動における「リファレンスチェック」を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経歴詐称防止の観点から「リファレンス照会」を実施する企業は少数派か

また、「求職者の経歴詐称を防ぐために、経歴のリファレンス照会を実施しているか」と尋ねると、「実施している」は34.8%だったのに対し、「実施していない」が65.2%となった。多くの経営者が求職者の経歴詐称を経験しているが、経歴詐称防止策として「リファレンスチェック」を実施している企業は少数派であることがわかる。
経歴詐称防止の観点から「リファレンス照会」を実施する企業は少数派か

7割以上の経営者が「職務経歴書の情報」を重視。理由は「スキル・適性の確認」や「社風とのマッチング」

最後に、「採用活動において職務経歴書から得られる情報を重視しているか」と尋ねた。すると「非常にする」は27.8%、「少しする」は46.1%で、合わせて73.9%が「重視している」という結果になった。

また、「非常にする」、「少しする」との回答者に、「採用活動において職務経歴書が重要だと思う理由」を自由回答で尋ねた。すると、「スキルと適性の確認」、「当社とマッチングするか」、「即戦力と度合いや、仕事の領域を見極めるため」などの回答があがった。
7割以上の経営者が「職務経歴書の情報」を重視。理由は「スキル・適性の確認」や「社風とのマッチング」

中途採用において、求職者の経歴の「リファレンス照会」を実施している割合は多くない一方、求職者の経歴詐称の経験を持つ経験者は多数いるようだ。また、求職者とのミスマッチを少なくするためには、採用活動において職務経歴書では伝わりづらい経験やスキルをどのように見極めていくか、新たな取り組みも必要になりそうだ。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら