経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「女性活躍推進法」改正から2年、女性経営者が感じている「有利な面」と「不利な面」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ヴィエリスは2021年6月4日、「女性経営者の働き方」に関する調査結果を発表した。調査期間は2021年5月21日~22日で、20~60代の女性経営者107名より回答を得た。これにより、女性経営者が「有利」、または「不利」に感じていることなどが明らかとなった。

5割弱の企業で「育児休暇」が導入済み

2019年に「女性活躍推進法」が改正され、昨年6月には「女性活躍に関する情報公表の強化」や「特例認定制度(プラチナえるぼし)の創設」が行われたが、女性の働き方に変化はあったのだろうか。

はじめに、「自社の制度として導入しているもの」を尋ねた。すると、「育児休暇」が45.8%と最も多い結果に。次いで、「時短勤務」と「テレワーク」が同率で29.9%となった。
5割弱の企業で「育児休暇」が導入済み

「女性管理職比率30%以上」を5割以上がクリア

続いて、「会社における、管理職に占める女性の割合」を尋ねた。すると、政府が目標とする「30%以上」が55.2%で最も多い結果となった。以下「20%以上30%未満」が12.1%、「10%未満」が9.3%と続いた。
「女性管理職比率30%以上」を5割以上がクリア

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら