経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

7割の企業が「産業医」を直接雇用するも、「産業保健や労務について相談できないとき」に不満を感じている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産業医への不満は「産業保健、労務についての相談ができない」が最多

最後に、直接雇用している企業に「産業医に対する不満」を尋ねると、「産業保健、労務についての相談ができないとき」が43%と最も多かった。以下、「メールの返信が遅いとき(ないとき)」が22%、「担当者と連絡がとれないとき」が19%、「産業医と連絡がとれないとき」が16%と続いた。直接雇用していながらも、相談や連絡などの連携が取りにくいことを懸念する声が目立った。
産業医への不満は「産業保健、労務についての相談ができない」が最多

コロナ禍で働き方や生活が変化したことで、メンタル面の不調を訴えるビジネスパーソンも増加傾向にあるようだ。いざというとき従業員のケアを迅速に行えるように、こまめな情報共有などを行い、産業医との連携をはかっておきたい。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら