経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

働き方改革の推進で「経営課題」も解決する? 取り組みにより企業が期待していることとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解決を期待するのは「社員の定着における課題」が最多

最後に、「働き方改革の推進により解決を期待している課題」を尋ねた。すると、「社員の定着における課題」が44.7%と半数近くに迫った。次いで、「経営における課題」が20.1%、「業績拡大における課題」が10.2%と続いた。

自由回答からは、「20代社員の定着には、残業の削減など働く環境の改善が不可欠だと感じている」、「『残業=頑張っている』という評価をせず、業務効率化や生産性向上を図りたい」、「決められた時間内で成果を出すという意識を醸成し、業績向上にもつなげたい」などの声があがった。「働き方改革」を通じて、「社員の定着」や「生産性の向上」を図りたいという意向がうかがえる結果となった。
解決を期待するのは「社員の定着における課題」が最多

働き方改革により「有給休暇の取得率向上」や「長時間労働の是正」などに向けた法改正が次々に施行され、企業にとって大きな関心事となっている。こうした取り組みを機に従業員のワークライフバランスやメンタルケアを考えることで、より生産性向上や業務効率化の実現につながるかもしれない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら