経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

BIGLOBEが「Withコロナに関する意識調査」第3弾を発表。「新しい働き方を実現するオフィス」を希望する声が多数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この先「決済」「公的手続き」「テレワーク」はデジタル化が推進されると予想

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、生活の中で今後デジタル化が進んでいくと感じられるものを尋ねると、最多は「決済・支払い」の69%であった。次いで「役所の手続き」(65.7%)、「テレワーク」(57.2%)が上位を占めている。

その一方で、「学校教育」は35.2%、「接客・営業」は22.7%、「不動産内覧・査定」は16.1%となっており、これらの分野ではデジタル化は進まないだろうと考える人が多いようだ。しかし、今後あらゆる分野のデジタル化が進むことで、働き方も新しく変わるのではないかと期待する人は多いと推測できる。
この先「決済」「公的手続き」「テレワーク」はデジタル化が推進されると予想

この先の不透明な時代を見据えた時、働き手は「新しい働き方」ができるオフィスや職場を選ぶようになるだろう。このようなニーズにマッチした職場環境をどのように整えていくのかが、今後経営側の課題となりそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら