経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

コロナ禍で多くの企業が経営戦略の見直しに着手。エクサウィザーズによる新型コロナに関するアンケート結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長期にわたるWithコロナに備え、足もとの強化を始動する企業が増加

多くの企業で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響は「今年末」から「来年末」までかかるだろうと推測しており、影響は長期間にわたってあるだろうと考えられているようだ。

そのような中、「Withコロナ対策として新たに実施していること」について質問をしたところ、「経営トップからのメッセージ発信」という回答が最も多く80%となった。次いで、社外会議や社内会議の「リモート化」がそれぞれ62%となっている。経営方針の発信や制度導入など、すぐに取り入れられ、実行できる対策から徐々に始めている企業が多いのだろう。

長期にわたるWithコロナに備え、足もとの強化を始動する企業が増加

「Afterコロナ」を見据えたビジョン構築や戦略見直しまでおこなった企業は4割程度

「Withコロナの対策」に取り組んでいる企業が一定数いる一方で、「Afterコロナ」を見据えた取り組みをおこなっている企業はどの程度いるのだろうか。回答の結果、リモートワークの導入など「働き方の再設計」が最も多く70%となった。一方、「Afterコロナに向けたビジョン構築や事業環境分析」、「既存事業の最適化や経営戦略の見直し」など、具体的な分析や見直しを進めている会社は4割前後にとどまっている。

「Afterコロナ」を見据えたビジョン構築や戦略見直しまでおこなった企業は4割程度

「Afterコロナ」を見据えたDX先行派企業はわずか3%

エクサウィザーズでは、アンケート結果を企業ごとに集計・評価し、デジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)の成熟度を計測した。「DX先行派」、「DX着手」、「To Be型」、「To Do型」、「漂流型」の5カテゴリに分け、企業のデジタル化がどの程度進んでいるのかを分析した。その結果、DXを積極的に進めている企業はわずか3%であることが明らかとなった。

コロナ禍によって、在宅勤務などリモートで業務を進める企業が増えている中、労務管理や業務管理をスムーズに進めるためにも、企業のDX化は不可欠となってくる。「DXによる既存事業の強化」や「AI導入による業務効率化」など、Withコロナだけではなく、「Afterコロナ」の時代をも見据え、企業ではビジョンの再構築や経営戦略の見直しが求められそうだ。
「Afterコロナ」を見据えたDX先行派企業はわずか3%

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら