経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「社会的意義」の欠落した組織に内在する従業員の「マイナス感情」と「離職リスク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「社会的意義」の定義と浸透は経営者の役割

企業の経営姿勢はトップマネジメントのマネジメントスタイルに正比例する。そのため、事業の社会的な“意義”を明確化して従業員に浸透させているリーダーと、私的な“意義”しか示せていないリーダーとでは、組織が発揮するパフォーマンスに、歴然とした差が生まれる。双方のリーダーがマネジメントする組織を比較した場合に、離職率に差異が生じやすいのもそのためである。

経営者たるもの、「わが社はなんのために存在しているのか」という問いに対する回答を、考えて、考えて、考え抜き、自社の社会的な“意義”を定義しなければならない。このように考え抜いて明確化した自社の「社会的な“意義”」を、「仕事の“意義”」として全従業員に浸透させることができてはじめて、経営者の大きな責務のひとつを果たしたことになる。

みなさんは「わが社はなんのために存在しているのか」という問いに対する明確な回答を持っているだろうか。


大須賀信敬
コンサルティングハウス プライオ 代表
組織人事コンサルタント・中小企業診断士・特定社会保険労務士
https://www.ch-plyo.net

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら