経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業を支援。「セーフティネット保証5号」に40業種を緊急追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業省は2020年3月3日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業への支援策として「セーフティネット保証5号」の対象業種に、新たに40業種追加することを決定した。これにより、中小企業は一般保証と別枠で80%の保証を受けることが可能となった。

中小企業にのしかかる資金繰りへの支援策の続報に注目

新型コロナウイルス感染症の流行は依然として収束の兆しはなく、国内の企業、特に中小企業にとって先行きに暗雲が広がっている状態だ。そうした中、経済産業省は、中小企業への緊急の支援策として「セーフティネット保証5号」の対象を、既存の業種のほかあらたに40業種追加することを決定した。

「セーフティネット保証5号」とは、業況が悪化し、経営に支障が生じている中小企業・小規模事業者に対する資金繰り支援対策として、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の80%を保証する制度のこと。今回あらたに追加指定の対象となるのは、特に今回重大な影響が生じている旅館、ホテル、食堂、レストラン、フィットネスクラブなどとなっている。

経済産業省は、新型コロナウィルス感染症による影響の大きさを考慮し、「セーフティネット保証5号」認定基準について、一次的に緩和することを決めた。感染症の拡大が著しく影響を及ぼした2月以降、直近3ヶ月の売上高が算出可能となるまでの間は、「直近1ヵ月の売上高とその後2ヵ月間の売上見込みを含む、3ヵ月間の売上減少についても算出可能」にするとしている。

引き続き政府が打ち出す支援策について情報収集を行った上で、自社の経営への影響を最小限に留める施策を打ち出すことが求められそうだ。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら