経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「ワーク・エンゲージメント」に関する調査によって、生産性向上におけるエンゲージメントの重要性が判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「昇格」はエンゲージメントスコアを向上させ、離職防止の効果が期待できる

さらに同年の「昇格対象者」に注目すると、エンゲージメントを構成する5要素のうち「待遇」と「組織への共感」の2要素が大きく向上しており、残る3つの要素「仕事への熱中」、「チームワーク」、「健康的な職場」についてもわずかながら向上したことがわかった。昇格には、「エンゲージメントスコアの向上」、「離職防止」、「生産性向上」に効果が期待できることが確認できたという。
「昇格」はエンゲージメントスコアを向上させ、離職防止の効果が期待できる

人材定着と生産性向上のカギは「エンゲージメントの向上」

今回の研究結果で、「エンゲージメントスコアの向上」が「生産性の向上」に繋がること、そして「昇格対象者のエンゲージメントスコア向上」が「離職防止」に繋がることが明らかとなった。

働き方改革関連法の施行が間近となり、企業では「生産性向上」や「離職率防止」など、さまざまな目標が掲げられている。その反面、具体的な改善方法や明確な数値化が曖昧なままになっていた。この研究結果が、より効果的な働き方改革を実現していくヒントになることが期待される。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら