経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

意識調査で分かった、外国人労働者の雇用の成果と課題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

課題は異文化ゆえのコミュニケーションの取りづらさ

次に、「外国人労働者を雇用して困った点」を尋ねると、「コミュニケーションの問題」が50.1%と最多だった。次いで「就労ビザの取得に時間がかかる」が18.7%、「労働に対する価値観や文化が異なる」が14.6%、「就労期間が限定的」が12.7%となった。

具体的なエピソードを聞くと、「長期は望めない」「手続きが煩雑で時間がかかる」「仕事の継続を望んだが、帰国することになった」「指示が正確に伝わらなかった」という声が聞かれた。

文化の違いはメリットになる点が多くある一方、コミュニケーションの取りづらさという課題にもつながるようだ。また、外国人雇用手続や入管法についても理解しなければならず、必要な手続きを複雑に感じる経営者も多いことが分かった。
課題は異文化ゆえのコミュニケーションの取りづらさ

外国人労働者雇用を行う際は、受け入れる企業側の体制が整っていることも重要だ。十分な体制構築ができていないままに雇用を進めると、ボタンの掛け違いからトラブルに発展する可能性もある。企業においては、文化や人種の多様性を理解した上で外国人雇用について検討する必要があるだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら