経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

3割以上の企業がM&Aに関係する可能性がある今、買い手は「金額の折り合い」、売り手は「従業員の処遇」を最重視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次に、「今後のM&Aの必要性」について質問したところ、半数以上の企業が「M&Aの必要性は高くなる」(51.5%)と回答。また、「必要性は変わらない」が21.7%、「必要性は低くなる」が1.7%であった。

企業が直面する課題解決の手段としてM&Aの活用を促進するためにも、政府・行政手動の取り組み支援や財政支援は、引き続き積極的に行われる必要がある。特に中小企業においては、買い手と売り手をつなぐマッチングサービスの充実なども重要となってきそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら