経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「男性の育休」必要性を感じている人が8割以上、普及しない最大の理由は「職場の雰囲気」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男女ともに男性の育児休暇取得の必要性を感じているいっぽうで、職場においては「育児は母親がするもの」といった、役割分担の性差別的な偏見が根強いことが推測できる結果となった。

また、人手不足が深刻な企業が多い中で、長期離脱によるキャリアパスへの不安や育児休暇を取ること自体が、業務に対して後ろ向きな姿勢と捉えられてしまうような職場の雰囲気があることも窺える。

男性の育児休暇取得率の向上には、企業レベルでの制度整備や社員の意識改革につながるような啓蒙活動、ワークショップなどの取り組みが必要不可欠と言えそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら