経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

在日外国人のアルバイト経験者、母国とギャップを感じることの第1位は「挨拶・マナーに厳しい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本でアルバイトを探す際に大変だと思うことは?」の上位3位は、「外国人が勤務可能な求人が少ない、または限られている」(40.1%)、「日本語での履歴書等、書類の準備」(27.9%)、「求められる日本語レベルが高すぎる」(26.5%)となった。外国人が日本の採用フローと言葉の壁に苦戦していることがうかがえ、彼らがアルバイトの受入れ体制に不十分さを感じていることがわかった。今後も外国人従業員が増えるであろうと予測されるいま、企業側もアルバイトに限らず外国人を受け入れ、即戦力として活用するための仕組みを整える必要があるのではないだろうか。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら