経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「働き方改革に適した人事評価を実施している」と思う経営者は7割、しかし管理職では半数以下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後に、経営者には「働き方改革により負荷が増えている管理職を正当に評価できているか」、管理職には「働き方改革により負荷が増えている自身は正当な評価を受けているか」と質問すると、経営者の82%が「そう思う」と答えたのに対し、管理職は「そう思わない」が56%にのぼった。このことから、管理職が「正当に評価されていない」と感じているにも関わらず、経営者はそれに気づいていないという図式が成り立つ。

以上の調査から、経営者と管理職の意識の差が浮き彫りになった。両者が適切な人事評価について話し合い、齟齬を埋めることが、働き方改革を進める第一歩と言えるかもしれない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら