経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「アジア5地域における給与水準と雇用実態調査」日本のハイスキル人材の給与は低く、中国の半分近いケースも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年収アップやスキルアップを狙って転職を視野に入れている人も数多くいるなか、日本のハイスキル人材やマネジメント層の給与は、他国と比較してどうなのだろうか。外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが毎年行っている雇用の実態調査「ヘイズ アジア給与ガイド」から、最新動向を探ってみたい。2019年2月に発表された最新版では、アジア5地域における1,244職務の給与水準(同社実績ベース)と、5,171人に対して行った雇用の実態調査の結果をまとめている。

(※なお、以下のデータは最大給与で比較しており、1人民元=15.68円 1HKドル=13.76円 1マレーシアリンギット=26.00円 1シンガポールドル=78.88円 で計算している)

■ハイスキル人材の年収

▼「トップIT人材」の年収(単位:百万円)
■ハイスキル人材の年収

「部長クラス」の年収、「マネジメントレベル」の年収に続く

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら