経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

働く女性の職場コミュニケーションに関する実態調査 職場の会話が少ないと感じている女性が半数以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一三共ヘルスケア株式会社は、2018年8月、全国の20~50代の女性800名(各世代200名ずつ)を対象に、「職場のコミュニケーションに関する意識調査」を実施、結果を公表した。

■同調査ではまず、「職場における“業務上の会話”の頻度」について尋ねると、結果は以下の通り。

・少ない(22.8%)
・どちらかいうと少ない(34.9%)
・どちらかというと多い(33.3%)
・多い(9.1%)

業務上の会話については、全体の57.7%が「少ない」もしくは「どちらかといえば少ない」と感じていることがわかった。年代別に見ると、業務上の会話が少ないと感じている割合は50代が最も多く、20代が最も少なかった。

続いて、「職場における“業務以外の会話”の頻度」について尋ねると、結果は以下の通り。

・少ない(27.5%)
・どちらかいうと少ない(38.4%)
・どちらかというと多い(27.3%)
・多い(6.9%)

業務以外の会話については、全体の65.9%が「少ない」もしくは「どちらかといえば少ない」と回答。年代別に見ると、業務以外の会話が少ないと感じている割合も50代が最も多く、20代が最も少ないという結果になった。

■次に、「職場で感じているストレスの程度」について尋ねると、全体の92.4%が何らかのストレスを感じており、年代別では30代が最も強く、50代が最も弱かった。そこで、職場で何らかのストレスを感じている人に対し、「現在、感じているストレスの内容」について尋ねると、結果は以下の通り。(上位5位まで記載)

1位:給料が低い・割に合わない(28.7%)
2位:職場に苦手な人がいる(26.4%)
3位:将来に不安がある(22.7%)
4位:嫌な人・気の合わない人ともコミュニケーションしなくてはならない(16.2%)
5位:仕事に面白みがない(15.4%)

「給料が低い・割に合わない」が28.7%で最多となった。一方で、「職場に苦手な人がいる」が26.4%、「嫌な人・気の合わない人ともコミュニケーションしなくてはならない」が16.2%と高い数値を示しており、ビジネスパーソンにとって、待遇面や将来性と並び、人間関係やコミュニケーションが、ストレスの大きな原因となっていることがわかる。

■次に、この3~4年での「口頭でのコミュニケーションの頻度の変化」を尋ねると、全体の18.8%が「減った」もしくは「やや減った」と感じていることがわかった。そこで、この3~4年で口頭でのコミュニケーションの頻度が減ったと感じている人に対し、「具体的に減ったと考えている項目」を尋ねると、結果は以下の通り。(上位5位まで記載)

1位:業務の口頭による指示(36.8%)
2位:口頭での質問・確認(36.8%)
3位:業務外の雑談(33.3%)
4位:対面での会議や打ち合わせの頻度(24.8%)
5位:悩みや困りごとの相談(23.9%)

メールやメッセンジャーアプリなどのツールがビジネスの場で一般的に用いられるようになった現在、デジタルデバイスの使用頻度が上がる代わりにアナログのコミュニケーションが減っていることがはっきり表れる結果となった。

■次に、3~4年前から同じ職場で働いている598名に対し、「職場でのストレスの変化」について尋ねると、3~4年前と比較し、34.3%がストレスが「増えた」と回答し、「減った」と回答した12.4%を2倍以上上回った。

ここで「職場で会話が減ったと感じている人の現場でのストレスの変化」を3~4年前と比較すると、以下のようになる。

【全体】・増えた(60.0%)・変わらない(28.2%)・減った(11.8%)
〈20代〉・増えた(48.3%)・変わらない(37.9%)・減った(13.8%)
〈30代〉・増えた(70.0%)・変わらない(20.0%)・減った(10.0%)
〈40代〉・増えた(54.5%)・変わらない(27.3%)・減った(18.2%)
〈50代〉・増えた(65.5%)・変わらない(27.6%)・減った(6.9%)

同じ職場であっても3~4年前と比較すると、全体の60.0%がストレスが「増えた」と回答している。特に30代では70%に達した。また、どの年代においても、「増えた」と回答する割合が「減った」と回答する割合を大きく上回る結果となった。

――デジタルデバイスやメッセンジャーアプリの発達・普及により、口頭でのコミュニケーションは省略される傾向が強くなっているが、職場におけるストレスを軽減し、孤独感や孤立感を感じにくい職場環境を実現するために、人間本来のフェイス・トゥ・フェイスでのコミュニケーションの価値を、改めて見直す時が来ているのかも知れない。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら