経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「働き方改革の実態調査2017 ~Future of Workを見据えて~」調査結果を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業風土の醸成はまだまだ不十分……

 企業内の組織風土については「ある程度の長時間労働は仕方がないという雰囲気がある(59%)」「時間当たりの生産性はあまり評価されない(53%)」と回答があることから、長時間労働是正に取り組んでいるにも関わらず、短時間での成果創出や生産性の高い働き方を評価する組織風土が不十分と言える結果となった。
企業風土の醸成はまだまだ不十分……

 今回の調査から働き方改革の成果を感じている企業、従業員満足度を得られている企業に共通する傾向及び特徴をDTCが分析したところ、働き方改革の実行度・効果実感の高い企業はAIやRPAなどのテクノロジーの活用や従業員のパフォーマンスを引き出す施策の実施率が高く、KPI設定や定期的なモニタリング・改善などが徹底されていることが明らかになっている。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら