経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

ブラック企業問題が新入社員に与える弊害とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスの醍醐味は一心不乱に取り組んだときに生まれる

 入社1年目はこれからさまざまな知識・スキルを身につけ、一人前の職業人として成長するための基礎を築く最も重要な年である。とくに、この年に社会人・職業人に求められる“好ましい思考方法・行動様式”を身につけられないと、その後の職業人人生で大きな損失を被ることにもなりかねない。にもかかわらず、入社1年目に「企業の自分に対する処遇に違法性がないか」ばかりに気を取られ、知識・スキルの習得に身が入らないのは、企業にとっても新入社員本人にとっても極めて不幸なことである。

 その意味で多くの若者から「一生懸命働く心」を奪い去ってしまうことがあるブラック企業問題の罪は極めて大きい。一心不乱に仕事に取り組んだ結果、期待を上回る付加価値を生み、大きな成長と充実感を得るというビジネスの醍醐味を奪ってしまったからである。

 新入社員に対して、「入社1年目の意義を忘れず、仕事に一心不乱に取り組んでほしい」と願うリーダーは少なくないであろう。もちろん、適法な範囲での“一心不乱”であることは言うまでもない。

コンサルティングハウス プライオ
代表 大須賀信敬
(中小企業診断士・特定社会保険労務士)

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら