経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

評価するということ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おわりに

 年功的給与体系をとる企業は少なくなった。しかし、いまなお年功的給与を基本としている企業も多い。そしてこの場合、評価と給与の連動はしていない傾向が強い。だからといって、このような旧来型企業の業績が悪いかといえば、そんなことはない。重要なのは、評価をするのであれば、それを通じて社員が活き活きと働きたくなるような制度となっているか否かではないか。評価の一つの好例としてThanksカードを取り上げた。真新しい手法ではないが、評価は評価でもプラス面を評価していることは特筆すべき点と言えよう。さらに、給与ではなく教育と組み合わせて運用することが活気ある組織を創造することに繋がるのではないだろうか。競うべき相手は自社の社員ではなく競合他社である。評価と給与を結びつける前に、まず「プラス評価」と「教育」を徹底し、互いを認め尊重し合える職場づくりを先行して目指すべきだと思うのである。

SRC・総合労務センター、株式会社エンブレス
特定社会保険労務士 佐藤正欣(まさよし)

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら