経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

教育投資を回収するなら理工系大学が有利 米カレッジROIランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アメリカの大学の授業料が高騰していることは前回で述べた。それに伴い学生ローンの金額も徐々に上がっている。2016年に大学を卒業した学生の学資ローンの平均額は$37,172で前年より6%アップしている(※1)。米国国勢調査局の統計によると、2014年の米国家庭の世帯年収の中央値は53,657ドル(※2)。トップクラスの大学に合格しても、学費を全額払える家庭はごくわずかだ。カレッジランキング1位のプリンストン大学でも、58.8%が何らかの経済的援助を受けている。大学進学にかかる費用をどう捻出するかは、新聞などのメディアで繰り返し特集されるホットな話題なのだ。

 住宅の場合、一般的には収入に応じたローンしか組めないが、学資ローンは返済能力の審査なしに借りることが可能なので、それなりの定収入が得られる職に就けなければ、返済は大きな負担となる。そこで、大学を投資額の回収という観点から分析したのが、PayScale社の《カレッジROIランキング》だ。これは卒業生が社会に出てから20年間で得た平均収入から学費を引いた純投資利益で大学を格付けしたものだ。下記が2016年の投資対効果の高い大学のランキングトップ10だが、U.S.Newsのランキングとは大学の顔ぶれや順位が異なることがおわかりいただけると思う。

投資を回収しやすいのは授業料の安い州立の工科大学や理工系名門校

 ROIランキングがU.S.Newsのランキングと異なる点が2つある。1つはトップ10の中に州立大学が3校入っていることだ。その3校とはニューヨーク海事大学、コロラドスクールオブマインズ、ジョージア工科大学だが、いずれも学費は他の私立の半分以下だ。もう1つは工科大学、または理工学部の強い大学がランキングされていることだ。日本人には馴染みのない大学も少なくないが、3位のハーベイマッド大学はカリフォルニア州クレアモントにある5校の名門リベラル・アーツ・カレッジから成るクレアモントカレッジズの1校で、工学、数学、計算機科学、物理学、生物学に特化した理工系カレッジだ。同じく3位のニューヨーク海事大学は連邦海事局が支援する全米に6校ある海事大の1つで、輸送、造船技術、海洋工学のほか、機械工学、経営工学、ビジネス、マネジメントなどの学科があり、U.S.Newsで17位にランクされている。7位のコロラドスクールオブマインズはその名の通り、石油、石炭、鉱石などの地下資源研究専門の名門校として知られ、化学工学、数学、機械工学など工学分野全般で質の高い教育を提供している。10位のカーネギーメロン大学は鉄鋼王アンドリュー・カーネギーが設立したカーネギー技術学校から発展した大学で、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア工科大学と並ぶ名門工科大学の1つである。特にコンピュータサイエンスの分野ではU.S. News Best Grad School Rankingsで堂々の1位に輝いている。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら