経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業における「採用」を考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おわりに

 これほどに「自社にとっていい人材はどんな人を指すのか」ということを明確化・具体化することは重要な過程である。採用活動にかける大半の時間をこの作業に費やすべきと言っても過言ではない。これが存在しなければ、採用の軸がブレてしまい、どんなに採用試験や面接・適性検査に時間とコストを費やしても自社が望む人物に出会えることはないからだ。最も恐ろしいのは、先のX社のように、採用過程でその軸がブレていることに気づかず混迷を極め、最終的に採用試験や適性検査の結果に引きずられて採用を決定してしまうことである。これは労使双方にとって実に不幸なことである。
 「あれ?」「もしかして??」と感じた経営者や採用担当者は、いま一度、“自社にとってのいい人材”・“望む人材”のあぶり出しをしてみてはどうだろう。具体化した先にはきっと、御社の出会いたい人物との縁があるはずだ。


SRC・総合労務センター 株式会社エンブレス 特定社会保険労務士 佐藤正欣】

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら