経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

スマホの時代にあえて紙を選ぶ――進化を続ける最新ビジネス手帳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビジネス手帳の売れ行きが好調だ。都内の大手文具店によると、発売されるや即完売となる人気手帳も少なくないとか。スマートフォンの台頭で、利用度や需要が低下していくと見られていたが、むしろデジタルの時代に好んで紙の手帳を選ぶ人も増えている。まだまだ進化を続けるビジネス手帳――。その魅力や利便性、最新機能などを探ってみた。

中長期的な視点で現状が把握できる

 まず最初に紹介したいのが、年・月・週の3軸の予定を同時に見ることができる究極の手帳『モーメントプランナー』(株式会社グリーティングライフ)。その最大の特徴は、右ページに週間予定欄を、左ページに折り込み式の年間カレンダーと月間予定欄を配置することで、年間・月間・週間のスケジュールを一目で見比べられるところだろう。また月間予定欄の裏にはTODOリストがあり、週間予定欄を見ながら、常にその月のタスク状況が確認できる。週間フォーマットは、縦に30分・1時間と時間軸があるバーチカルと、広い書き込み欄でスケジュールを自由に管理できるホリゾンタルの2種類。バーチカルは1日のスケジュールを時間単位で管理したい人に、ホリゾンタルは1日のやることや記録などを自由に書きたい人に最適だ。スマホ管理にはない一覧性が魅力であり、1年を見ながら今を把握できるので、中長期的な予定が多い人にオススメしたい。

ユーザーの不満を解消した大ヒット手帳

 『Pat-mi』(株式会社コクヨ)は、手帳ユーザーの2大不満である「月間予定と週間予定のページの行き来が面倒」、「1年に1冊の手帳は厚い・重い」を同時に解決した。月と週のブロックが連動しているため、ページを上下にめくるだけで月間・週間・1日の予定がひと目で確認できる。また、手帳は1年に1冊という従来の固定観念を捨てた「1カ月1冊」の分冊型のため、必要な月の分だけ持ち運ぶことが可能だ。見たいとき、記入したいときにすぐに開けるアナログ手帳の良さは残したまま、月間・週間・1日と予定の切り替えが速いデジタルの便利さを追加。持ち運びには、専用ホルダーに必要な月だけを(最大2カ月分)挟むため、薄くて軽い携帯性も実現している。
 また同じくコクヨが手掛ける『ジブン手帳』は、「一年で終わり」ではなく「一生使える」手帳をコンセプトに、自分や家族の長期記録を残すライフログ帳「LIFE」、24時間軸で日々の予定や記録を書き綴る「DIARY」、アイデアを書き記す「IDEA」の3分冊で構成される新スタイルの手帳だ。2016年版では、「DIARY」の中に書き出しておけばリマインドすることが出来る「プロミスリスト」のページが加わるなど、内容も年々改良されている。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら