経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

新たなライフスタイルとして注目される「週末農業」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 平日は都会で働き、土日だけ田舎で農業に携わる「週末農業」というライフスタイルが注目されている。自然の中でリフレッシュしたり、日頃土に触れることの少ない子供たちに農業体験をさせたり、自分で育てた野菜を食べる“プチ自給自足”を実現したり、なかにはセカンドライフを見据えて、就農準備に励む人もいるという。またインターネットを利用した直販や、レストランなどに卸すことで収入を得ることも可能だ。
 ひと口に「週末農業」と言っても、規模や種類、方法はさまざまある。そこで今回は、気軽に始められるものから本格的なものまで、いくつかの事例を紹介しよう。

市民農園は気軽に始められるのが魅力

 家の近所で気軽に始めるなら、やはり市民農園がオススメだ。一般的に市民農園とは、サラリーマン家庭や都市に暮らす住民がレクリエーションなどを目的に、小面積の農地を利用して野菜や花を育てるための農園のこと。北海道から沖縄まで47都道府県で行われており、東京23区でも目黒区、大田区、世田谷区、足立区、葛飾区、江戸川区、練馬区などが開設し、いずれも応募が殺到するほど人気が高い。例えば練馬区の区民農園は、農園数:19園、総区画数:1,584区画、区画の面積:概ね15平方メートル。利用期間は原則として1年11か月間となっており、使用料は1か月当たり400円とリーズナブルだ。
 市民農園は、利用者自らが栽培管理をすることが原則だが、野菜の栽培方法等について指導を希望する場合に、開設主体などから指導を受けることのできる農園もある。また、利用開始は一般的には3~4月頃のため、1~3月の間に募集をかけるところが多い。興味がある方は、今すぐに問い合わせてみてはいかがだろうか。

レンタル農園で週末だけの田舎暮らし

 実際に農村部に行って、より本格的に農業をしたいなら、レンタル農園と契約したり、地主さんから畑を借りるというのが一般的な方法だろう。レンタル農園の場合、田んぼや畑はあらかじめ準備されており、サポート体制も充実しているので、あとは自分が作ってみたい作物を、自分のスケジュールに合わせて、選ぶだけ。また家から離れた土地で週末だけの作業となると、平日の水やりが心配になるかもしれないが、広大な農地は保水力に優れており、週末だけの水やりでもまったく問題ない。
 千葉県印西市の貸し農園・レンタルファームつくしんぼでは、一区画約11坪(37.5㎡)の広さを用意。ベテラン指導員による年間30品目以上の野菜作りの講習や個別指導によるサポートが付くため、 未経験でも安心して野菜作りが楽しめる。さらに無農薬野菜の栽培に興味があり、講義や実地講習を通して一から無農薬野菜の栽培を学びたいという人には、『無農薬野菜栽培 秋・冬野菜コース』がオススメだ。利用料金は、月額5,000円(貸し農園プラン)~21,000円(無農薬野菜栽培 秋・冬野菜コース)まで。もちろん畑作業に必要な、くわ・ショベル・じょうろなどは無料で貸し出してくれ、さらに良質な牛糞堆肥も用意しているそうだ。

お気に入りに登録

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら