経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

業界盟主の座を懸けてしのぎを削る日本生命VS第一生命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抜きつ抜かれつの戦いを繰り広げる日本生命保険と第一生命保険。先を見据えた経営力では第一生命が上との評価もあるが、危機意識から攻めの経営に転じた日本生命の底力も侮れない。果たして、軍配はどちらに上がるのか。依然として予断を許さない状況だ。文=ジャーナリスト/森川俊平

鍵を握る外貨建て商品の銀行窓販

 生命保険の業界首位をめぐる争いが激化している。売上高に相当する保険料等収入(2015年4~9月期)において、2年ぶりに日本生命保険が僅差で首位を奪還した。第一生命保険も過去最高を記録したが、惜しくも首位陥落となるなど僅差での接戦を繰り広げている。年間首位の座をめぐっても、三井生命保険の買収効果が計上される日本生命が有利とされており、首位に返り咲くことが濃厚だ。ただ、“野武士軍団”の第一生命は表向きは平静を装っているが、現場を中心に「プライドが高い日本生命の鼻をへし折りたい」との思いを強めており、一歩も引かない構えだ。

 15年4~9月期の保険料等収入は、日本生命が前年同期比17.3%増の2兆8961億円、対する第一生命が同7.8%増の2兆7900億円と、その差はわずか1061億円だった。

 日本生命が再逆転したのは、団体年金保険の受託が好調だったことと、保険料を一括で払う豪ドル建て終身保険「ロングドリーム」の販売が好調だったことが要因だ。児島一裕常務執行役員は11月末の決算会見で、「トップライン(保険料等収入)は重要指標のひとつ。安定して長期的に優位性を確保することが重要。さまざまな取り組みを集中することで、より安定的、長期的にトップを目指していく」と述べた。

 16年3月期通期の首位争いの行方を左右するのは、銀行窓口で販売する外貨建て保険の動向だ。日銀の大規模な金融緩和の影響で低金利が続く中、利回りの良い外貨建てが注目されている。銀行側も利ざやが縮小する中、手数料が稼げるため、販売を強化していることもある。

 この外貨建ては一括で払い込む保険で、一度に数千万円単位の大口契約も見込めるのが特徴で、「とにかく売り上げが立つ。月に2万円程度の保険料となる主力の死亡、終身保険とは保険料等収入への貢献度が違う」(保険大手幹部)からだ。

 第一生命の銀行窓販分野は、専門子会社の第一フロンティア生命が手掛けており、同分野のシェアは約30%と首位。年間の保険料等収入は前年度比50.1%増の1兆8997億円(15年3月期)。銀行窓販専門会社ならではのきめ細かさを誇っており、銀行や保険利用者の声を迅速に反映する商品開発力に定評がある。この4~9月期も「前年が好調だったため、反動減を想定していた」(幹部)との予想を覆し、前期比3.1%増の9919億円と増収を確保した。

 一方の日本生命は、銀行窓販部門を本体内に抱える。昨年度は、リスク度合いがこれまでの保険商品に比べ高いが、リターンもそれに比例して見込める外貨建て保険のニーズが高まっているにもかかわらず、相続税改正への対策として、円建ての一時払い保険を前面に売り出すなど「ちぐはぐなことをやっていた」(生保関係者)。

 7月に豪ドル建ての終身保険「ロングドリーム」をようやく発売して巻き返しを図っており、15年4~9月期の窓販分野の保険料等収入は、前年同期と比べ40%(約3千億円)の大幅増収となった。しかも、出遅れていただけに、「伸びしろは第一生命よりも圧倒的に上」(第一生命関係者)なことから、さらに販売を伸ばしてくることも想定される。この差がどこまで縮まるかが、首位争いの勝敗を左右しそうだ。

ぬるま湯体質からの脱却を目指す日本生命

 銀行窓販での伸びしろに加え、日本生命が優位とされる点は、三井生命の買収効果だ。

 予定通りならば、三井生命の買収が完了するのは、15年12月29日付。12月21日までTOB(株式公開買い付け)を実施したあと、連結子会社となる運びだ。この三井生命の1~3月の保険料等収入が、日本生命保険の16年3月期通期の業績に上乗せできる。ちなみに昨年度の1~3月の保険料等収入は1393億円となっている。

 かたや第一生命は、保険料等収入において首位争いが激化する中、次代を見据えた戦略を着々と打ってきた。

 10年に株式会社の経営形態に転換し、上場を果たして以降、米中堅生保であるプロテクティブ生命を5700億円で15年2月に買収を完了した。

 15年夏には、そのプロテクティブが新たなM&A(合併・買収)を米国内で展開。米生保ジェンワースの一部事業を6億6100万ドル(約793億円)で買収することで合意した。為替に変動されないドル建て資本で実施できることが大きく、他社が真似できない一手と言える。

 一方の日本生命は、三井生命、豪州保険事業の買収に加え、NTTドコモと提携し、全国の携帯電話ショップで生命保険の販売を始める計画を進めるなど、矢継ぎ早に手を打ってきたが、「先を見据えた経営力は第一生命に軍配が上がる」(証券アナリスト)と言われている。

 「首位からの陥落で尻に火が付いて、なり振り構わない姿勢に豹変した」とも揶揄される最近の日本生命の経営戦略。ただ、攻めの経営への転換で、盤石な国内トップへの復権に向け、「ぬるま湯体質の社内の意識改革をしている」とも言われる。日本生命にとっては、これからが正念場と言えそうだ。

お気に入りに登録

プロフィール

 経済界

経済界

『経済界』は創刊51年を迎えたビジネス誌。
主に経営者の人物像にフォーカスし、企業の内面を深くえぐる報道に定評があります。
企業人のインタビューをはじめ、政財界のキーマンへの直接取材が最大の強みです。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら