経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

時間の支配者と時間の奴隷:最高のパフォーマンスを生むために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テニスの錦織選手の活躍はスポーツニュースにうとい自分も気になる。精悍なスポーツマンなのに、インタビューでのトロリとした話し方にぐっと親しみを感じてしまうのである。彼の着ているウエアと同じものが欲しくなり、スポンサーのショップを覗くミーハーと化している。

最高のパフォーマンスを生み出すための仕事のコントロール度

 それにしても疲れるだろうに、彼はどう休み、心身を回復していくのだろうかと、母性は案じる。
勝負の時に最高に調子のよいコンディションで臨むために万全の準備をしているだろう。案じるには及ばない。彼の最高のパフォーマンスを生み出すために、コーチやドクターなど多くの人々ががっちりサポートしているようだ。

 プロの選手だけでなく、自分の調子のよい時間をいつにもっていくのか、またはいつなのかを知っていることは、毎日が勝負のビジネスパーソンのわきまえとして大変重要だ。そして自分にできない部分のサポートやアドバイスを得られる人間関係を築いていくことも重要である、と錦織選手は教えてくれる。

 会社が親の様に面倒を見てくれるような時代ではなくなり、働くもの個々の自律、コントロール能力が問われる時代だ。 今までにも増して、時間や仕事に対する意識やスキルが働く人の生活、人生の質を変えていく。
 
 労働安全衛生法によるストレスチェックの件で、職業性ストレス簡易調査表の評価項目を眺めてみると、仕事のコントロール度に目がいった。自分のペースややり方で仕事ができる、職場の仕事の方針に自分の意見を反映できる、とある。

 ただのわがままで自分のやり方が通るわけもない。仕事のコントロール度ともう一方に報酬という物差しをあててみた。

 この報酬は金銭の対価だけではなく、お金でカウントできない評価としての名誉、称賛、感謝等も含む。簡易調査表では“周囲のサポート”項目が評価に該当するだろう。


《次ページに続きます》

お気に入りに登録

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら