経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

4割の会社員が「リスキリング経験」を持つも、勤務時間内の取り組みは少数。若手社員ほど必要性を実感か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マイナビは2023年3月7日、「正社員のリスキリング実態調査(2023)」の結果を発表した。調査期間は2023年1月6日~8日で、20~59歳の正社員800名(各年代200名ずつ)から回答を得た。調査結果では、リスキリングの経験の有無のほか、リスキリング後の変化などの実態が明らかとなった。

ビジネスパーソンの4割以上がリスキリングの経験あり

リスキリングとは「新たな職業に就くため、あるいは今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために必要なスキルを獲得すること」を言う。政府が、従業員のリスキリングを推進する企業に対して助成金を拡充することを公表しているが、実際にリスキリングに取り組んだことのあるビジネスパーソンはどの程度いるのだろうか。

マイナビはまず、「リスキリングをしたことがあるか」と尋ねた。最多となったのは、「したことはない」の55.3%で、半数以上のビジネスパーソンはリスキリング未経験であることがわかった。一方で、リスキリングの経験がある人の内訳は、「現在している/プライベートの時間のみ」が13.9%、「現在している/勤務時間のみ」が8.6%、「過去にしていた/プライベートの時間のみ」が23.5%、「過去にしていた/勤務時間のみ」が7.8%となった。現在もしくは過去にリスキリングの経験がある人で、勤務時間を使ったという人はどちらも1割前後で少数派となっていた。
ビジネスパーソンの4割以上がリスキリングの経験あり

リスキリング経験者のほうがよりポジティブなイメージを抱く

次に同社が、「リスキリングにどのようなイメージがあるか」を尋ねたところ、トップは「仕事や働き方の選択肢が広がる」で49.3%が回答。2位以降は、「転職しやすくなる/やりたい仕事に挑戦できる」が40%、「達成感を得られる/自信がつく」が29.3%と続いた。4位まではリスキリング対するポジティブなイメージを持つ回答が並んだ一方で、5位には「お金がかかる」や「どのようなスキルを身につければよいかわからない」(同率24.1%)といった回答が並び、ネガティブな印象を持つ人もいることがうかがえる。
リスキリング経験者のほうがよりポジティブなイメージを抱く

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら