経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

“優れた経営層”は「理念の浸透・実現」に着手か。低評価の経営層は「ルール遵守」を求めるものの組織づくりが不十分な実状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社リンクアンドモチベーションは2022年12月6日、「優れた経営層の特徴」に関する研究結果を発表した。調査期間は2015年1月~2021年12月で、同社が提供するエグゼクティブサーベイを実施した、累計84社1,587名から回答を得た。調査から、部下から高評価・低評価を受ける経営層の特徴や、優れた経営層に至るまでの段階などが明らかとなった。

部下からみた経営層への「期待度」、「満足度」のスコアを“偏差値”として算出

人的資本経営や多様な働き方の推進など、企業を取り巻く環境が変化している近年、優れた経営者の特徴とはどのようなものなのだろうか。リンクアンドモチベーションの研究機関であるモチベーションエンジニアリング研究所は、「優れた経営者の特徴」を探るべく、経営者のマネジメント状態を診断するためのエグゼクティブサーベイを実施した。

同サーベイの質問項目は、部下から見た経営層の全体的な満足度を示す5項目の「総合満足度」(専門性・魅了性・返報性・一貫性・厳格性)と、マネージャーに求められる「4機能」(Encourage・Evaluation・Economics・Education)から構成されるものだ。サーベイでは全40の質問項目に対し、部下の経営層に対する「期待度(何をどの程度期待しているか)」、「満足度(何にどの程度満足しているか)」を尋ねている。また、その回答を「非常に期待(満足)している:5」から「全く期待(満足)していない:1」までの5段階で数値化。すべての項目の期待度・満足度のスコアを基に、経営層の“偏差値”として総合スコアを算出している。
部下からみた経営層への「期待度」、「満足度」のスコアを“偏差値”として算出

評価が高い経営層ほど「理念の浸透や実現」に着手できている傾向

同サーベイの結果に基づき、同研究所は、総合スコアが上位5%、上位5%~20%、上位20~50%、下位20~50%、下位5~20%、下位5%である6群に分類し分析を行った。また、各群内のマネジメントサーベイの40の質問項目の平均値から、母集団として各項目の偏差値を算出し、得られた偏差値をランキング化している。さらに、上位5項目を抽出し「優れた経営層」の特徴の分析を試みている。

まず同社は、上位の3群の結果を分析している。すると、総合スコアが上位5%に位置する経営層において偏差値が高かった5項目を抽出すると、「潜在的脅威への対策」、「理念の浸透方法の工夫」、「ナレッジの共有」、「リスクに対する予防策」、「理念と評価の接続」となった。

また、総合スコアが上位5%~20%に位置する経営層において高偏差値が得られた5項目は、「理念の浸透方法の工夫」、「言行の一致」、「評価基準の明示」、「理念と評価の接続」、「環境変化への対応」があがった。

総合スコアが上位20~50%に位置する経営層では、「一体感の醸成」、「効率的な組織体制」、「ビジネスプロセスの改善」、「潜在的脅威への対策」、「事業課題の把握」が上位5項目となった。

同研究所は、理念を掲げるだけでなく、実際の評価・制度にまで接続できることなど、「長期かつ広い視野での脅威やリスクへの対応を行っていること」や「環境変化をとらえて組織を柔軟に変化させていること」などが高評価につながっていると考察している。
評価が高い経営層ほど「理念の浸透や実現」に着手できている傾向

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら