経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小零細企業の「冬のボーナス支給額」は昨年に比べ増加か。支給率も上昇する一方、貯蓄に回す従業員が多い傾向も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社フリーウェイジャパンは2022年11月1日、「中小零細企業の冬のボーナス」に関する実態調査の結果を発表した。調査期間は2022年10月5日~11日で、中小企業および零細企業の従業員198名と代表取締役152名から回答を得た。調査から、冬のボーナス支給額の実態や使途、来年度の見通しなどが明らかとなった。

「冬のボーナス支給率」は昨年より約6ポイント上昇

昨今の原材料費の高騰などを受け、中小・零細企業は厳しい業況にあるが、冬のボーナス支給の実態はどうなのだろうか。フリーウェイジャパンはまず、調査対象の従業員に対して「冬のボーナスは支給されましたか? または支給予定はありますか?」と尋ねた。すると、「支給予定あり/支給済み」の合計が53%となり、その内訳は、「支給された」が3.5%、「支給予定で支給額を把握している」が20.7%、「支給予定だが、支給額は分からない」が28.8%だった。「支給あり」との回答は、同社が昨年に行った同調査と比較して、5.8ポイント上昇したという。

他方で、「支給されなかった/支給予定は無い」とする回答は39.9%、「未定」は7.1%となった。
「冬のボーナス支給率」は昨年より約6ポイント上昇

支給額のボリュームゾーンは「20万円~50万円未満」と前年より増加傾向に

また、同社が「ボーナス支給予定/支給済み」と回答した従業員に、「支給額はいくらですか?」と尋ねた。すると、「20万円~30万円未満」と「40万円~50万円未満」がともに20.8%で最多だった。以下、「10万円~20万円未満」が16.7%、「50万円~60万円未満」が14.6%と続いた。同社は、昨年冬のボーナス支給額のボリュームゾーンが「10万円~30万円未満」であったことから、「昨年との比較では支給額が増加傾向にある」と考察している。
支給額のボリュームゾーンは「20万円~50万円未満」と前年より増加傾向に

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら