経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

コロナ禍で“産業医への相談”は増加傾向。産業医の4割は「テレワーク環境でのメンタルヘルスケア体制」に課題を持つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社メンタルヘルステクノロジーズは2022年8月23日、「産業医のコロナ前後の変化」を探った調査結果を発表した。本調査は2022年7月12日~13日に実施され、産業医106名から回答を得たもの。調査結果から、コロナ禍以降に産業医が受けた相談の実態と、現時点で産業医が感じている課題についてフリーコメントを交えて紹介する。

産業医の6割が「コロナ禍前と比べ相談件数が増加した」と回答

新型コロナウイルス感染拡大により、ストレスを感じる場面が増えた人もいるだろう。では、働く人に向き合う産業医が感じている「メンタルヘルス」の実態はどうなのだろうか。まず、メンタルヘルステクノロジーズは「新型コロナの流行以前(2020年2月前)と現在での相談を受ける件数の変化」について尋ねた。すると「非常に増加した」が24.5%、「やや増加した」は38.7%となり、「増えた」と回答した人は計63.2%となった。
産業医の6割が「コロナ禍前と比べ相談件数が増加した」と回答

5割以上が「相談内容の変化があった」と答える

続いて、「新型コロナ前後の相談内容の変化」を尋ねると、「非常に変化があった」が23.6%、「やや変化があった」が33%となり、「変化した」と答えた人の合計は56.6%と半数を占めた。

産業医自身のフリーコメントからは、「心の変化に対する相談が多くなった。」、「少しでも不調があればコロナウイルス感染を疑い相談に来る方が増えた」、「うつ状態の相談が増えた」といった変化を感じていることがわかった。
5割以上が「相談内容の変化があった」と答える

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら