経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

厚労省が「障がい者のテレワーク雇用」に向けたガイダンスを開催。企業の障がい者雇用促進に向け、コンサルティングも実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厚生労働省は2022年7月20日、「令和4年度障がい者のテレワーク雇用に向けた企業向けガイダンス」を実施すると発表した。同省は、障がい者雇用を予定している企業や、障がい者雇用におけるテレワーク導入を検討する企業に向け、ガイダンスの活用を呼びかけている。

障がい者雇用における「求人の出し方」や「合理的配慮の提供」などに関する説明を実施

厚生労働省は、「テレワークは自宅でも働くことができる機会であり、障がい者の多様な働き方の一つとして大きな可能性がある」とし、障がい者雇用を推進することで、企業にとっても全国から優秀な人材を確保できるメリットであると捉えている。こうした考えのもと、2021年度には、障がい者の支援機関や企業での事例の紹介等を行う全国フォーラムを開催したという。さらに今般、障がい者雇用に際し課題を抱える企業の課題解決へ向けた支援を行うべく、ガイダンスの開催を決定した。ガイダンスでは、障がい者雇用におけるテレワークの具体的な導入手順や、求人の出し方、合理的配慮の提供を含む雇用管理のポイント、さらには、障がい特性に応じた支援機器活用等の説明を行うとしている。ガイダンスの概要は下記の通りだ。

企業向けガイダンス 開催概要●開催日時および会場
第1回:2022年8月26日(金) 13:00-15:30(東京会場)
第2回:2022年9月22日(木) 13:00-15:30(大阪会場)
第3回:2022年10月12日(水)13:00-15:30(東京会場)
第4回:2022年11月10日(木)13:00-15:30(大阪会場)
第5回:2022年12月9日(金) 13:00-15:30(東京会場)
※各回とも会場参加、オンライン参加から選択が可能。

●参加料
無料

●参加申込
ホームページ上で事前申し込みが必要(会場定員は各部100名・先着順)

●申込期限
第1回:2022年8月23日(火)
 ※第2回以降の申込期限は追ってホームページ上で告知予定


なお、同省はガイダンスにあわせて、「障がい者のテレワーク雇用に向けた企業向けコンサルティング」も実施するとしている。コンサルティングでは、企業の抱える課題や障がい者雇用への取り組み状況、雇用する障がい者の特性に応じた専門家による課題解決策の提案を行い、個別でより具体的な課題への相談を受け付けるとしている。

テレワークの活用により、さまざまな特性のある障がい者の雇用が進むことが期待される。障がい者雇用を検討中の企業は、本ガイダンスやコンサルティングを活用してみてはいかがだろうか。


お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら