経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「女性管理職になってよかった」と思う人は6割に迫る。女性活躍推進のために整備すべき制度や有効な施策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソルキャリア株式会社は2022年5月23日、「女性管理職の意識調査」の結果を発表した。調査期間は2022年3月18~22日で、20~50代の女性管理職151名から回答を得ている。調査結果から、女性が管理職を承諾する際の悩みなどが明らかになるとともに、「女性活躍推進」において求められる課題などが浮き彫りになった。

「管理職になってよかった」と感じる女性管理職は約6割に

2022年4月の女性活躍推進法改正では、女性管理職登用比率などの公表義務対象が拡大された。女性管理職の比率アップに取り組む企業も多い中、実際に管理職になった女性はどのような思いを持っているのだろうか。

パーソルキャリアはまず、「実際に『管理職になってよかった』と思うか」を尋ねている。すると、「そう思う」が23.2%、「まあそう思う」が33.8%で、合計が57%と6割に迫った。
「管理職になってよかった」と感じる女性管理職は約6割に

管理職になってよかったことは「自身の成長につながった」が最多

続いて、同社は「管理職になってよかったと思うこと」を尋ねている。すると、「自身の成長に繋がった」が36%で最も多く、以下、「自分の裁量でできる仕事が増えた」が32.6%、「給与が上がった」が31.4%などと続いた。
管理職になってよかったことは「自身の成長につながった」が最多

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら