経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

社会人1年目・2年目のモチベーションを左右する要素とは? 4割が上司や先輩からの共感を求めている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー生命保険株式会社は2022年4月21日、「社会人1年目と2年目の意識調査2022」の結果を公開した。本調査は2022年3月15日~23日に実施されたもので、「2022年春から働く社会人1年生」と「就職後1年経過した社会人2年生」の合計1,000名(20~29歳)から回答を得た。なお、同社はこのテーマを経年で調査しており、今回が9回目となる。本記事では、社会人1年生・2年生の年次や前回2021年調査の結果と比較し、若手層が求めている働き方や、組織におけるサポートのあり方を紹介する。

社会人1年生の4人に1人が「最初の会社で定年まで働き続けたい」。一方、2年生は約10ポイント下回る

転職市場が活性化している昨今において、入社間もない社会人1年生、2年生はどのような仕事観を持っているのだろうか。

まず、同社は、「最初に就職する会社でどのくらい働いていたいか」を尋ねている。社会人1年生の回答は、「定年まで働きたい」が25%(昨年比+1.2ポイント)で最多となった。2位は「2~3年くらい」で19.8%(昨年比+5.4ポイント)、3位は「4~5年くらい」で16.4%(昨年比-1.8ポイント)だった。一方で、「すでに辞めたい」との回答も8.2%(昨年比-2.8ポイント)あった。

社会人2年生の回答は「すでに辞めたい」が21.4%(昨年比-3.6%)と最も多い回答となった。以下、「2~3年くらい」が20.4%(昨年比+3.8ポイント)、「4~5年くらい」が16%(昨年比-1.4ポイント)となった。「定年まで働きたい」と回答したのは15.6%(昨年比-0.4ポイント)で、社会人1年生の回答より約10ポイント近く数字を下げた。

社会人1年生の4人に1人が「最初の会社で定年まで働き続けたい」。一方、2年生は約10ポイント下回る

社会人2年生が入社後「がっかり」したことは給与が1位

次に、同社は社会人2年生に「入社後『がっかりしたこと』」を尋ねている。すると、全体結果では「給料が少なかった」が28.8%で最も多い回答となった。以下、「同期で集まる機会が少なかった」(25.6%)、「ボーナスが少なかった」(21.8%)、「仕事を教えてもらう機会が少なかった」(18.4%)、「残業が多かった」(16.6%)などとなった。

さらに、この回答をテレワーク実施の有無別にみると、“テレワークをすることがあった人”で最も多かったのは「同期で集まる機会が少なかった」で33.8%となった。また「先輩・上司と話す機会が少なかった」が22.1%となり、“テレワークをすることがなかった人”より11.3ポイント高い結果となった。テレワークによって、同期や先輩・上司と直接会う機会が少ないことを残念に感じていた人が多いことがうかがえる。
社会人2年生が入社後「がっかり」したことは給与が1位

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら