経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「週休3日制」に7割以上のビジネスパーソンが「賛成」の声。年代別の賛否の差や「実際には難しい」との声も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ライボ(以下、ライボ)は2022年1月31日、「週休3日制に関する調査」の結果を発表した。調査期間は2021年12月24日~2022年1月4日で、全国の就業年数1年目~10年以上、20人~1,000人以上規模の企業に所属する、20歳~69歳の男女667人から回答を得た。これにより、「週休3日制の賛否」や「収入や労働時間の増減と賛否の関連性」などが明らかとなった。

7割以上のビジネスパーソンが週休3日制に「賛成」。「反対」は僅か1割強に

働き方の多様化に伴い、一部の企業が「週休3日制」の導入を始める一方で、給与減額や1日あたりの労働時間の増加など、導入による影響が注目されている。そのような中で、ビジネスパーソンは「週休3日制」についてどのように考えているのだろうか。

まずライボは、「週休3日制の賛否」について尋ねている。すると、「賛成」が50.2%、「やや賛成」が24.7%と、合わせて74.9%が「賛成」と回答した。一方、「反対」は8.8%、「やや反対」は5.2%と、合わせて14%にとどまる結果となった。
7割以上のビジネスパーソンが週休3日制に「賛成」。「反対」は僅か1割強に

「男女別」では賛否の差がほぼ見られず。「年代別」では若手の賛成が多数か

また、賛否の回答者を「男女別」に比較したところ、“賛成”とした率は「男性」が74.2%、「女性」が75.7%と、ほとんど差が見られなかった。一方で“反対”は、「男性」が15.8%、「女性」が10.4%と、若干男性が多くなった。

同じ回答を「年代別」で比較すると、“賛成”の回答は「20代」が83.2%、「30代」が77.7%、「40代」が65.4%、「50代」が71.9%となり、40代の賛成派が最も低くなる結果となった。一方で、“反対”は「20代」が9.2%、「30代」が9.9%、「40代」が20.7%、「50代」が21.1%と、年代が上がるにつれて多くなった。
「男女別」では賛否の差がほぼ見られず。「年代別」では若手の賛成が多数か

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら