経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

サンゲツが「国連グローバル・コンパクト」の理念に賛同し署名を実施。ESGへの取り組みを強化し、持続可能な社会構築に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社サンゲツ(以下、サンゲツ)は2022年2月8日、国際連合が提唱する「国連グローバル・コンパクト」(以下、UNGC)の理念への賛同を示し、同年1月に署名を行なったと発表した。今回の署名を契機に、事業におけるESG活動をより推進し、社会的課題の解決および持続的発展に向けた取り組みを実行していく考えだ。

「UNGC」の原則に則り、持続可能な社会の構築に向けた自発的な取り組みを強化

多くの社会的課題が世界規模で拡大するなか、企業には持続可能な社会の構築に向けた貢献が、より求められるようになっている。サンゲツでも、グループの長期ビジョン「DESIGN 2030」にて、「みんなで(Inclusive)いつまでも(Sustainable)楽しさあふれる(Enjoyable)社会の実現」を掲げ、持続可能な社会の構築に貢献することを目指し、事業活動を実施しているという。

このような取り組みをさらに促進すべく、同社は「UNGC」への参加を表明した。国連と民間とが共に“健全なグローバル社会”の構築を目指すイニシアチブ「UNGC」は、企業や団体が責任ある創造的リーダーシップを発揮することで、社会の持続可能な成長を目指すもの。賛同する企業には、“社会の良き一員”として、「人権」、「労働」、「環境」、「腐敗防止」の4分野10原則に基づいた活動の実践が求められる。

同社はこの4分野10原則において、以下の理念・方針を掲げ、それぞれ取り組みを実施していく考えだ。

【人権】

●サンゲツ人権方針
「基本的人権を尊重し、持続的発展に向けて取り組む姿勢を大切にしています。」

【労働】

●人事部方針
「社員一人ひとりが能力を最大限発揮できる人事制度の的確な運用と、安全で働きやすい職場環境の確保を目指しています。」

【環境】

●環境方針
「地球環境問題への取り組みは、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に行動することを大切にしています。」

【腐敗防止】

●コンプライアンスの遵守
「コンプライアンス遵守を企業としての絶対的命題と位置づけ、取り組みを強化しています。」

企業が持続的な存続・発展をするためには、持続可能な社会を構築することが前提となる。地球規模で頻発する環境問題や人権問題などの解決に向けて、企業が主体的に活動することが、今後より一層求められるようになるだろう。

お気に入りに登録

プロフィール

 経営プロ編集部

経営プロ編集部

経営者・事業部門責任者から部長・課長・リーダー層まで、経営の根幹を支える人たちの成長を支援するパートナーメディアを目指します。日々の業務に役立つニュースや小ネタ、組織強化や経営理論まで幅広く学べる記事を提供します。

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら