経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「ハラスメント」回避のため、部下との関わりを躊躇する上司が4割超。「ハラスメント」対策の必要性が浮き彫りに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイヤモンド・コンサルティングオフィス合同会社(以下、ダイヤモンド・コンサルティングオフィス)は2021年12月22日、「ハラスメント」のトラブル回避が、上司・部下間のコミュニケーションに与える影響を調べるために実施した調査の結果を発表した。調査期間は2021年12月9日〜10日で、3名以上の部下とコミュニケーションを取る機会がある管理職(30~50代)の会社員、312名から回答を得ている。これにより、ハラスメント回避のための行動が、部下の指導や育成にどう影響しているのかが明らかとなった。

8割以上の上司が、「ハラスメント」を危惧して部下への発言を躊躇した経験あり

「パワハラ防止法」の施行などにより、職場の「ハラスメント」への意識が向上しているが、その定義について、従業員全体で理解を深めておかなければ、上司・部下間で必要なコミュニケーションに支障が出ることも考えられる。「ハラスメントのトラブルを回避したい」という意識は、上司と部下の関わりにどのような影響を与えているのだろうか。

ダイヤモンド・コンサルティングオフィスはまず、「部下への指導やコミュニケーションの際に、『ハラスメントになるかもしれない』という懸念から発言を躊躇したことがあるか」と尋ねている。その結果、「はい」が83%となり、「いいえ」の17%を大きく上回った。大多数の上司は、部下とのハラスメントトラブルを回避しようと、言動に気をつけていることがうかがえる。
8割以上の上司が、「ハラスメント」を危惧して部下への発言を躊躇した経験あり

また、「コミュニケーションや指導をためらった、具体的な場面」を聞いた質問に対しては、第1位が「部下の仕事の仕上がりに不満があるとき」で65.3%、第2位が「失敗の言い訳をしてくるとき」で52.5%、第3位が「ケアレス・ミスを叱るとき」が51.7%と続いた。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら