経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「残業時間」や「有給消化率」はこの10年でどう推移したか。年代別や業界別の「働き方の変化」が明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オープンワーク株式会社は、2021年12月16日、同社の「働きがい研究所」による調査レポート「OpenWork 残業と有休 10年の変化」を発表した。このレポートは、同社が運営するサイトで社員から投稿された情報を集計・分析したものだという。対象データは、2012年1月~2021年11月の「残業時間に関する投稿342,737件」と「有給消化率に関する投稿346,506件」となる。なお、業界別の平均値は各年50件以上の回答が得られた業界に限定しているとのこと。これにより、10年間の働き方の変化について、年代別および業界別の特徴が明らかとなった。

10年間で残業時間は減少、有給消化率は改善傾向に

働き方改革の推進によって、「長残業時間の是正」や「有給休暇取得推奨」が進められているが、10年間で働き方はどう変化したのだろうか。

まず、本レポートで「10年間の月間平均残業時間の推移」を見ると、2012年から2015年にかけて、月の平均残業時間は40時間以上だった。しかし2016年以降は40時間を切り、2021年には24時間まで減少。2012年と2013年のピーク時と比べると、22時間も減少していることが判明した。
10年間で残業時間は減少、有給消化率は改善傾向に

次に、「有休消化率の推移」を見ると、2012年時点では半数に満たない41%だったが、最新結果の2021年では60%と19ポイントアップし、消化率は改善されていた。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら