経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

8割超がDX推進として「テレワーク促進」に取り組む。コスト削減や生産性向上に効果も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社(以下、パーソルP&T)は2021年11月4日、全国の経営者や部長らを対象に実施した、「社内DX推進における効果に関する実態調査」の結果を発表した。調査期間は2021年9月14日~16日で、DX推進に取り組む従業員50名以上の企業に勤務する、部長クラス以上の会社員、経営者・役員600名から回答を得た。これにより、企業におけるDX推進状況や、課題などが明らかとなった。

社内DX、最も取り組みが進んでいるのは「テレワーク促進」で8割超に

昨今、さまざまな場面で「DX」が注目されているが、企業のDXはどの程度進んでいるのだろうか。「社内DX推進において取り組んでいること」で、83.7%と最も多かったのが「テレワークの促進」。以下、「バックオフィスにおけるDX」が51.7%、「営業活動におけるDX」が44.8%、「マーケティングにおけるDX」が39%などと続いた。
社内DX、最も取り組みが進んでいるのは「テレワーク促進」で8割超に

8割以上が「テレワーク推進」に効果を実感。「バックオフィスのDX」も7割台に

続けて、「取り組んでいる」とした各項目について、それぞれ、「効果を感じているか」聞いている。その結果、最も効果を感じていたのは、「テレワークの促進」で、「とても効果を感じている」が35.3%、「少しは効果を感じている」が49%で、合わせて84.3%が効果を感じていた。

▼テレワークの促進

8割以上が「テレワーク推進」に効果を実感。「バックオフィスのDX」も7割台に

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら