経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「Withコロナ」時代の企業成長に心がけたい社内教育体制とは。従業員スキル向上を重要視する人は7割に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ヒップスターゲートは2021年10月12日、中小企業経営者を対象として実施した、「従業員の教育制度と課題」に関する調査の結果を発表した。調査日は2021年9月17日で、従業員数300人以下の企業の経営者1,020人から回答を得た。これにより、中小企業における従業員の教育体制の実態や、人材育成に向けた課題などが明らかとなった。

直近3年間の人材採用に不満を持つ企業が半数に。採用基準を緩和する企業も

新型コロナウイルス感染症の影響や少子高齢化など、企業における人材を巡る課題は山積している。その中で、中小企業経営者は、自社の教育制度にどのような課題や問題を抱えているのだろうか。

はじめに、「直近3年間の採用活動において、満足のいく人材の採用ができたか」と尋ねた。すると、「とても満足のいく人材採用ができた」は18%、「ある程度満足のいく人材採用ができた」は31.1%で、合わせて49.1%に。一方、「あまり満足のいく人材採用ができなかった」は20.7%、「全く満足のいく人材採用ができなかった」が30.2%で、合わせて50.9%となった。この結果から、約半数の企業が、採用活動において満足のいく人材を採用できていないことが判明した。

また、「人材を確保するために採用基準レベルを変えたか」と尋ねると、「変えていない」が61.9%で最多となった。他方、「かなり甘くした」が9.3%、「やや甘くした」が16.4%となり、合わせて25.7%の人が「採用基準レベルを甘くした」と回答した。人材確保のために、採用基準を従来よりも甘くせざるを得なかった企業も少なくないようだ。
直近3年間の人材採用に不満を持つ企業が半数に。採用基準を緩和する企業も

社内の教育制度の内容は「社内勉強会」が最多。オンライン研修も増加傾向か

続いて、「会社で取り入れている教育制度」について尋ねた。その結果、最も多かったのは、「社内勉強会」で37.8%だった。以下は、「集合研修」と「自己啓発」が共に26.1%、「OJT」が21.7%などと続いた。また、新型コロナの流行を背景に、「オンライン研修」も19.6%と2割に迫った。
社内の教育制度の内容は「社内勉強会」が最多。オンライン研修も増加傾向か

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら