経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「フィードバック面談」が人事評価への納得度向上に寄与か。「日常評価」と「前向き面談」の重要性とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社O:は2021年10月6日、「上司・部下の評価コミュニケーションの実態調査」の結果を発表した。調査期間は2021年9月20日~26日、日本国内在住で25歳~39歳の、事務系および技術系職種の就業者330名から回答を得た。これにより、「人事評価への納得度」と「フィードバック」との関係性などが明らかとなった。

「フィードバック面談」を受けた7割以上の人が、人事評価に納得

“人事評価の結果やその根拠を説明する場”である「フィードバック面談」の有無は、人事評価への納得度に関係するのだろうか。

はじめに、「フィードバック面談を実施したグループ(以下、実施群)」と、「実施していないグループ(以下、非実施群)」のそれぞれに対して、「人事評価への納得度」を尋ねた。すると、「人事評価に納得している」との回答は、「実施群」では73%、「非実施群」では56%となり、有意差が見られた。「フィードバック面談の有無」と「人事評価の納得度」には、一定の相関性があることが予測される。
「フィードバック面談」を受けた7割以上の人が、人事評価に納得

「承認」と「未来に向けた対話」が評価の納得度を高める可能性も

続いて、フィードバック面談において、「評価者との間に生じた話題」について尋ね、人事評価に「納得しているグループ(以下、納得群)」と「納得していないグループ(以下、不満群)」とで、その割合を比べた。

その結果、「プラス評価の根拠について詳細な説明があった」との回答については、納得群の43.5%に対して不満群は8.8%となり、差分34.7%で有意差が見られた。

他にも、「日々の仕事ぶりに対するねぎらいの言葉を伝えられた」(同54.3%/23.5%/差分30.8%)、「今後の成長課題について対話をした」(同50%/26.5%/差分23.5%)、「来期の目標設定について対話を行った」(同37%/23.5%/差分13.5%)といった、「承認」および「未来の対話」に関する項目で、有意差が認められた。

納得群には、面談が単なる「改善を求める場」ではなく、「前向きでポジティブな場」として機能していることが予測される。
「承認」と「未来に向けた対話」が評価の納得度を高める可能性も

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら