経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「仕事での評価を実感できていない」20代は約半数に。テレワーク時代に求められる上司と部下の関係とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社学情は2021年9月8日、20代の仕事での評価に関する調査結果を発表した。調査期間は2021年7月30日~9月1日で、同社が運営する転職サイトへの来訪者303名から回答を得た。これにより、若手世代が感じる「仕事に対する評価」の実態などが明らかとなった。

20代のうち、仕事での評価を「実感できている」人は約2割にとどまる

新型コロナウイルス感染症拡大等を受け、テレワークが浸透しつつある。一般的に、テレワークではその仕事ぶりを評価することが難しいと言われているが、20代の若手社員は、自身の仕事への評価をどのように感じているのだろうか。

はじめに、「仕事での評価を実感できているか」を尋ねると、「実感している」が5.9%、「どちらかと言うと実感している」が16.8%で、合計22.7%に。対して「実感していない」が23.8%、「どちらかと言えば実感していない」が24.4%で、合わせて48.2%となった。約半数が、仕事での評価を実感できていないことがうかがえる。
20代のうち、仕事での評価を「実感できている」人は約2割にとどまる

評価を実感するのは「上司から褒められたとき」が最多

続いて、「仕事で評価されていると感じるとき」を複数回答で尋ねた。その結果、「上司から褒められたとき」が最も多く53.1%に。次いで、「昇給したとき」が31%、「責任ある仕事を任されたとき」が28.1%、「仕事のフィードバックを受けたとき」が25.1%などと続いた。上司とのコミュニケーション機会のほか、給与・業務内容の変化が、仕事に対する評価を実感する機会となっているようだ。
評価を実感するのは「上司から褒められたとき」が最多

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら