経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「経営理念」と「人事評価制度」の一貫性の無さが、若手社員の転職理由に影響。「魅力ある企業」になるために必要なものとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社給与アップ研究所は2021年8月16日、直近1年で初めて転職した20代会社員108名に対して行った「経営理念と人事評価制度の一貫性に関する実態調査」の結果を発表した。調査日は2021年7月8日。これにより、企業の経営理念と人事評価制度の連動性の実態や、それによる若手社員の転職意向への影響などが明らかとなった。

若手社員の約半数は「経営理念」と「評価制度」の一貫性のなさを感じている

企業理念と評価制度の連動性は、若手社員の転職意向にどのように影響するのだろうか。

はじめに、「転職前に勤めていた会社では『経営理念』と『人事評価制度』が一貫したものだったか」を尋ねた。すると「全く一貫していなかった」(13.9%)、「あまり一貫していなかった」(34.3%)との回答が合計して48.2%となった。この結果から、およそ半数の回答者が、退職した会社に対し、「経営理念と人事評価の一貫性がない」と感じていることが判明した。
若手社員の約半数は「経営理念」と「評価制度」の一貫性のなさを感じている

一貫性のなさを感じる点は「方針と報酬体系の非連動」や「上司による指示や方針の違い」

続いて、「全く一貫していなかった」または「あまり一貫していなかった」とした回答者に、「会社のどの部分から『一貫性の無さ』を感じていたか」を尋ねた。その結果、「会社の方針と報酬体系が連動していない」、「上司によって指示や方針が違った」との回答が共に44.2%だった。次いで、「理念が現場に浸透していなかった」が42.3%となった。

さらに、自由回答では、「本社と現場でやり方が違う」、「部門ごとに異なることが多すぎる」などといった意見があがった。
一貫性のなさを感じる点は「方針と報酬体系の非連動」や「上司による指示や方針の違い」

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら