経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業経営者に聞く「財務会計」データの活用状況とは。約半数が自身の財務会計理解度を低評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社YKプランニングは2021年8月16日、「中小企業経営者の財務会計に関する意識調査」の結果を発表した。調査日は2021年6月22日で、年商規模3,000万円~3億円の中小企業経営者(法人事業者)1,023名から回答を得た。これにより、経営者自身の財務会計に対する理解度や課題などが明らかとなった。

2割以上が財務会計を「専門家に一任」。理由は「申告漏れなどのリスク回避」や「人材不足」

「財務会計」は会社経営において重要な要素だが、各企業はその書類作成や管理をどの程度自社で行い、また内容を理解しているのだろうか。

まず、「会社を経営していくうえで、財務会計は重要だと思うか」という問いには、68.7%が「非常に重要」、23%が「やや重要」と回答した。

そのうえで、「会社の『試算表』や『決算書』をどのように作成しているか」を尋ねたところ、「ある程度自社で経理を行い、最終チェックを税理士や会計事務所に依頼している」が27.8%と最も多かった。続いて「一部は自社で経理を行い、大部分を税理士や会計事務所に依頼している」が26.2%、「自社では経理を行っていない(全て税理士や会計事務所に一任)」が25.8%となり、“試算表や決算書作成の一部または全てを専門家に依頼している”という企業は、合わせて79.8%で8割近くになった。

一方、「完全に自社で経理を行っており、申告業務のみ税理士や会計事務所に依頼している」は11.6%、「完全に自社で経理を行っており、税理士や会計事務所には依頼していない」は8.6%で合計20.2%となり、およそ2割にとどまることがわかった。
2割以上が財務会計を「専門家に一任」。理由は「申告漏れなどのリスク回避」や「人材不足」

続いて、「試算表や決算書作成の一部あるいは全てを税理士や会計事務所に依頼している」とした回答者に、「税理士や会計事務所に依頼する主な理由」を尋ねた。

すると「税金の申告漏れなどのリスクをなくすため」が61.9%で最も多く、以下「自社内に財務の知識に長けた人材が不足しているため」が25%、「節税のため」が7.1%などと続いた。申告漏れのリスク回避や、財務知識を持つ人材の不足から、専門家を頼る企業が多いことがうかがえる。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら