経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

「ESG投資」に対する個人投資家の意識とは。若い世代の関心が高い傾向に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社日経リサーチは2021年7月26日、首都圏40キロ圏内在住の3,103名(20~74歳の男女)を対象に実施した、生活者金融定点調査「金融RADAR」特別調査2021年版の結果を発表した。本稿では、そのうち“何らかの投資商品を保有する1,797名”を対象とした「ESG投資の実態」についてお伝えする。これにより、ESG投資に対する個人投資家の意識や、年代別の投資行動の状況等が明らかとなった。

ESD投資への関心は20~30代でより高く、年代により違いが

ESGとは、「Environment(環境)」、「Social(社会)」、「Governance(社会)」の頭文字を取ったもの。これらの要素を考慮した「ESG投資」が、サステナブルな社会に欠かせない要素として、近年注目を集めている。ESG投資への関心は、年代によって差があるのだろうか。

はじめに、「ESG投資に興味・関心がある人の割合」を年代別で比較した。すると、「20~30代」が37.7%、「40~50代」が28.3%、「60~70代」が30.8%となった。特に20~30代といった若い世代で、ESG投資に関心を持つ人が多いことが判明した。
ESD投資への関心は20~30代でより高く、年代により違いが

若年層ほど、ESGを意識した投資を実施

続いて、「実際に“企業のESGへの取り組みを意識して投資をしている”人の割合」を、年代別で比較した。その結果、「20~30代」が26%、「40~50代」が14.9%、「60~70代」が14.8%となった。実際の投資行動を見てみても、若い世代がESG投資に高い意欲を持っていることがうかがえる。
若年層ほど、ESGを意識した投資を実施

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら