経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

医師に聞く「新型コロナワクチン接種実態」と、最も多く出ている副反応とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社メンタルヘルステクノロジーズは2021年7月30日、全国の医師1,386名を対象に実施した「新型コロナウイルスワクチンの副反応に関する調査」の結果を発表した。調査期間は2021年7月16日~23日。これにより、医師のワクチン接種状況や、副反応の様子などが明らかとなった。

9割以上が「ワクチン接種済」、打たない理由は「副反応が心配」が上位に

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が進むなか、医師の接種はどの程度進んでいるのだろうか。

まず、「新型コロナウイルスワクチンを接種したか」を尋ねると、「はい」が93.7%、「いいえ」が6.2%という状況だった。調査対象者1,386名のうち、1,300名の医師がすでにワクチンを接種しており、医療従事者への優先接種は速やかに進行したと考えられる。
9割以上が「ワクチン接種済」、打たない理由は「副反応が心配」が上位に

次に、「ワクチンを接種していない」と回答した86名に「その理由」を尋ねた。すると、「長期的観点から今後の副反応が心配」が31.3%、「アレルギーが心配」が8.1%、「体調・持病が心配」が5.8%などという結果だった。

また職業柄、「仕事が忙しいため」という声や、「接種を希望するものの、予約が取れない」、「順番が回ってこない」などという回答も一定数あることがわかる。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら