経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

シンギュラリティ(技術的特異点)とビジネスの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テクノロジーが人知を超えて進化しだすというシンギュラリティ(技術的特異点)が、単なる未来予測ではなく、現実味を帯びて語られるようになってきた。人工知能によって人間の多くが仕事を奪われるといったネガティブな警告が聞かれる一方で、爆発的に加速する技術の進化を新たなビジネスチャンスと捉える動きもある。これからの時代のビジネスは、こうしたテクノロジーがもたらす急速な変化をどのように受け止めていくべきなのか?

テクノロジーが独り歩きを始める日?

シンギュラリティとは、人間によって考え出され、進化してきた科学技術が、人間の知能を超えて進化を始める臨界点のことだ。その先は、人間の脳より優れた人工知能が社会をリードし、自ら知能の進化やテクノロジーの開発を担い、人間自体も人工知能やネットワークと共生して、それまでとは異なる存在、いわゆる「ポストヒューマン」に変化・進化するという。
これまで一般にこうした説は、一部の科学者による遠い未来の予測と受け止められてきたが、ここに来て急に現実味を帯びて語られるようになった。シンギュラリティの提唱者の1人である発明家・未来学者レイ・カーツワイルはコンピュータの知性が人間を超えるシンギュラリティを2029年と想定している。

コンピュータとロボットが人間の仕事を奪う?

松尾胖・東京大学大学院准教授のように人工知能の研究開発を行っている科学者も、「今後15年でコンピュータは知識を自力で獲得できるようになる、その過程でこれまで人間が行ってきた仕事の多くは順次コンピュータに取って代わられていく」といったプロセスを具体的に提示するようになった。
ビル・ゲイツはBUSINESS INSIDERのインタビュー( 2014年3月13日)で、ソフトウェアが人間の代行をする仕事が増えていき、それにつれてあまりスキルを必要としない仕事は今後20年間でどんどん少なくなっていくだろうと語っている。
スタンフォード大学の調査でも、現在人間が行っている仕事の47%が20年以内に機械によって代行されるようになるという結果が出ているという。
スティーブン・ホーキング博士も、英国BBCのインタビューで「われわれがすでに手にしている原始的な人工知能は、極めて有用であることが明らかになっている。だが、完全な人工知能の開発は人類の終わりをもたらす可能性がある」と語っている。(AFP BB NEWS 「人工知能で人類は滅亡する? ホーキング博士の警告で議論再燃」2014年12月9日)

《次ページに続きます》

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら