経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

東京オリンピック・パラリンピック期間中の「テレワーク実施頻度」や「実施による満足度」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ライボは2021年8月2日、「テレワーク・デイズ2021」の実施期間にともなって行った「2021年テレワーク実態調査」の結果を発表した。調査期間は2021年7月19日~23日で、全国で780人の社会人男女(20~1,000人規模の企業に1年以内~10年以上勤務している人)から回答を得た。これにより、前年と比較したテレワークの実施状況や、東京オリンピック・パラリンピック(以下、東京五輪)や緊急事態宣言とテレワーク実施率の関連性が明らかとなった。

7割以上が現在テレワークを実施。頻度では「フルリモート」が3割を超え最多に

東京五輪等を念頭に、政府から「テレワーク・デイズ2021」の実施が呼びかけられるなか、実際にテレワークはどの程度実施されているのだろうか。

はじめに、「テレワークの実施状況」と「頻度」を尋ねた。その結果、実施状況では「実施している」が全体の76.7%に。頻度では「フルリモート」が34.1%、「週に4日以上」が22.1%と、回答者の半数以上は週に4日以上テレワークを実施している結果となった。また、「週2〜3回」が25.9%、「週1回」が12.7%となり、テレワーク実施の頻度は比較的高い傾向にあることがわかった。
7割以上が現在テレワークを実施。頻度では「フルリモート」が3割を超え最多に

7割以上がテレワーク実施状況に「満足」。理由は「心身の負担の減少」など

続いて、「テレワーク実施による満足度」を尋ねた。すると、「大変満足」が34.1%、「やや満足」が42%となり、あわせて76.1%が「現状のテレワークに満足している」ことがわかった。
7割以上がテレワーク実施状況に「満足」。理由は「心身の負担の減少」など

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら