経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

経営者に聞く、求職者の「経歴詐称」を防ぐための方法とは。採用活動における「リファレンスチェック」を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライトアーム株式会社は2021年6月24日、「採用におけるリファレンスチェック」に関する調査の結果を発表した。調査期間は2021年6月16日~17日で、「これまで30人以上の正社員を採用した経験がある」という、35歳以上の経営者115名から回答を得た。これにより、企業におけるリファレンスチェックの活用状況などが明らかになった。

9割以上の経営者が「採用した人材が、入社後に想定パフォーマンスを出せていない」と実感

採用活動において、求職者とのマッチングを図るにはどのような取り組みが必要なのだろうか。

はじめに、「採用した人材が、入社後に想定パフォーマンスを出せていないと感じた経験の有無」を尋ねた。すると、「非常にある」が39.1%、「少しある」が45.2%となり、合わせて84.3%が「ある」と回答した。
9割以上の経営者が「採用した人材が、入社後に想定パフォーマンスを出せていない」と実感

採用者に何らかの「経歴詐称」があった経験した経営者は8割以上に

続いて、「採用した人材について、本人が申告した経歴と実際の経歴が異なっていた経験の有無」を尋ねた。すると「非常にある」が13.9%、「少しある」が32.2%となった。なお、「全くない」は18.3%にとどまっており、8割以上の経営者が、これまでに多少なりとも“採用者の経歴詐称”を経験している実態が判明した。
採用者に何らかの「経歴詐称」があった経験した経営者は8割以上に

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら