経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

政府の掲げる「出社率70%減」に対し、テレワークはどの程度普及しているか? 新型コロナ前と働き方は「変わらない」は約7割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ネクストレベルは2021年6月11日、同社で運営するメディアにおいて3回にわたって行われた「テレワーク・リモートワークの現状調査」の結果を発表した。調査期間は2021年5月20日~6月4日で、第1回「テレワーク導入率の調査」が500名、第2回「テレワークをしている人向け調査」が348名、第3回「テレワークができていない人向け調査」が100名と計948名より回答を得た。これにより、ニューノーマルの働き方の現状が明らかとなった。

2020年4月以前と比較。「現在もテレワーク」は3割に満たず

新型コロナウイルス感染症の影響により、テレワークを導入した企業も多いだろう。新型コロナ流行前と現在では、働き方に変化はあったのだろうか。

はじめに、「2020年4月以前と今を比較して、働き方は変わったか」を尋ねた。すると、「以前と同じ働き方」が69.4%、「(継続して)現在もテレワーク」が25%、「休みが増えた・働けない」が5.6%という結果に。約7割の企業でコロナ禍前と働き方が変わっていないことがわかった。
2020年4月以前と比較。「現在もテレワーク」は3割に満たず

コロナ禍において、テレワークを導入しなかった企業は5割を超える

回答の内訳をさらに詳しく見てみると、「テレワークは導入されず、以前と働き方は変わらない」が55.8%と、コロナ禍でも働き方に変化がなかった企業が半数を占めた。また、「テレワークを導入済」という回答は、「週に3回以上テレワークになった」が14%、「一時的にテレワークが導入されたが、今は以前と変わらない」が13.6%、「週に1~2回ほどテレワークになった」が8.2%だった。現時点で、政府の掲げる「出社率70%減」には遠い状況であることが明らかとなった。
コロナ禍において、テレワークを導入しなかった企業は5割を超える

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら