経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

中小企業における、経営層と従業員の「働く意識」にはどのような差があるか? 働く上での不安と重要視することとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エヌエヌ生命保険株式会社 は2021年4月26日、中小企業における経営者と従業員の意識の違いに関して調査を行い、その結果を発表した。調査期間は2021年4月2日~4月7日で、従業員300人未満の中小企業経営者(社長、会長、取締役)および開業医1,819名と、従業員2,266名より回答を得た。これにより、中小企業における「経営者」と「従業員」それぞれが 抱える不安や重要視しているものなど、意識の差が明らかとなった。

経営者および従業員のいずれも半数以上は「就業不能になること」を不安視

ライフスタイルの変化に合わせて、働き方は多様化し「仕事」に対する考え方も徐々に変化してきている。そのような中、経営者と従業員間で、働く上での意識に差はあるのだろうか。

はじめに、「突然の病気や事故などで、就業不能になることの心配はあるか」を尋ねると、「ある」と回答したのは、経営者が65.2%、従業員が58.3%だった。いずれも半数以上が就業不能になることへの不安を抱いているとわかった。
経営者および従業員のいずれも半数以上は「就業不能になること」を不安視

また、「就業不能になる理由」として考えられるものを聞くと、経営者と従業員いずれも「突然の疾病」が最も多い結果となった(経営層:56.6%、従業員:53.8%)。以下、「業務外の事故」(経営層:45%、従業員:42.2%)、「業務に関連した事故(経営層:24%、従業員:25.1%)と続いた。

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら