経営・ビジネスの課題解決メディア「経営プロ」

働き方改革の推進で「経営課題」も解決する? 取り組みにより企業が期待していることとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社学情は2021年5月7日、「働き方改革」の実施方法について調査を行い、その結果を発表した。調査期間は2021年4月19日~23日で、企業の人事担当者357名より回答を得た。これにより、企業の「働き方改革」への取り組み状況や内容が明らかとなった。

8割以上がすでに何かしらの取り組みを開始

2019年4月より順次施行されている「働き方改革」において、多様な働き方を選択できる社会を目指し、企業でもさまざまな取り組みが始まっている。現在、どの程度取り組みが進んでいるのだろうか。

はじめに、「働き方改革の取り組み状況」を尋ねた。すると、「全社的に取り組んでいる」が78.2%と、最も多い結果に。「部署、期間などを限定し、試験的に取り組んでいる」の9.5%と合わせると、87.7%の企業ですでに何らかの取り組みを実施していることが明らかとなった。
8割以上がすでに何かしらの取り組みを開始

「有給休暇取得の奨励」や「労働時間の削減」に取り組む企業が多数

次に、「働き方改革で取り組んでいること」を尋ねた。その結果、「有給休暇取得の奨励」が91.4%と最も多くを占めた。以下、「時間外労働(残業)の削減」が83.1%、「長時間労働の是正」が74.8%と続き、労働時間の削減を中心に「働き方改革」に取り組んでいる企業が多いことがわかる。
「有給休暇取得の奨励」や「労働時間の削減」に取り組む企業が多数

お気に入りに登録

関連ニュース

会員登録 / ログイン

会員登録すると会員限定機能や各種特典がご利用いただけます。 新規会員登録

会員ログインの方はこちら